コスモス・ハブのATOM2.0提案はなぜ却下されたのか?

主要な論点
・熱い投票が行われ、Cosmos Hub コミュニティは ATOM 2.0 ホワイトペーパーを実装する提案を拒否しました。
・トークンの37.99%が「NoWithVeto」に投票し、コミュニティからの強い反発を示しました。
・この提案は、刷新されたトークノミクスと、複数の複雑な新ツールを一度に実装することを望んでいることから、論争を引き起こした。

ATOM 2.0が不成立に

数週間の議論と2週間の緊迫した投票期間の後、コスモス・ハブ・コミュニティは提案番号#82「ATOM 2.0」を否決することを決定しました。コスモス・ハブの新しいビジョン”です。

この提案は、Cosmosの共同設立者であるEthan Buchmanと他の11人が書いたホワイトペーパーに基づき、Cosmos Hubの進化の次のステップとして売り出されたものである。このホワイトペーパーでは、ATOM のトークノミクスを大幅に変更し、Interchain Allocator と Interchain Scheduler という2つの新しいツールを構築することを提案しており、これにより Cosmos Hub は Cosmos エコシステムの中で最も重要なアプリチェーンの1つとして確固たるものになると主張しています。

これは、現在コミュニティ内でCosmosの歴史の中で最も議論を呼んだと考えられていますが、全ATOMトークンの73.41%という異例の高い投票率を記録し、投票は最後の最後まで拮抗しました。最終的に、47.51%のコインが賛成、37.39%が「NoWithVeto」に投票、13.27%が棄権、1.82%が単に反対票を投じました。

ほとんどのトークンが賛成票を投じましたが、コスモス・ハブの統治機構は、33.4%以上の投票者が “NoWithVeto “を選択した場合、提案が可決されないことを保証しており、ハブが51%攻撃の餌食になることを防ぐシステムになっています。そのため、「NoWithVeto」は、ある提案がコスモス・ハブにとって有害であるという意思を伝えるための強力なシグナルとなります。

Buchman氏は、ツイートストームでこの提案に対する強い反応を認めました。「NoWithVetoに投票した皆さん、私は皆さんの決断を尊重し、皆さんの声をはっきりと聞きます:この提案は現在の形では受け入れがたいものです。たとえ可決されても、修正が必要だ!」と。

なぜ否決されたのか?

ATOM2.0は野心的でエキサイティングな提案であり、それが問題の一部であったかもしれない。

26ページのホワイトペーパーは、コミュニティが当初期待したように、ATOMトークンの1つか2つの側面の修正にとどまらず、トークノミクスの刷新に加え、3つの新しい主要ツールを導入し、Cosmos Hubの機能を根本的に変革することを目指したものである。例えば、Interchain SchedulerはオンチェーンMEVマーケットプレイスを目指しており、Interchain Allocatorの役割は異なるIBCチェーン間での相互持株を可能にすることです。この2つは非常に異なる、非常に複雑なテーマなので、ATOMステーカーは他のツールが好きでも、どちらかのツールのために提案に反対票を入れてしまったかもしれません。

ATOM2.0提案のもう一つの重要な問題は、刷新されたトークノミクスに関係しています。白書では、Hubを補助するために短期間ATOMトークンの発行を大幅に増やし、その後36カ月かけて排出量を減らしていくことに賛成する論調だった。批評家は、金融政策の変更は不当であり、Hubが蓄積したATOMをどのように使用するかに関して詳細が欠けていると主張した。また、ATOMの排出量が減少するまでに、他の収入源でうまく代替できるのかどうか、納得がいかないという意見もあった。

おそらく、ATOM 2.0ホワイトペーパーの様々な構成要素は、Cosmos HubをCosmosエコシステムの中心的なコンポーネントとして位置づけるもう一つの野心的な構想であるInterchain Securityの詳細案が3月に可決したように、それぞれの個別のプロジェクトとしてコミュニティに再提出して投票することになるのだろう。

本記事は下記出典元の許諾の上、翻訳版記事を掲載しております。

source

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン