近鉄不動産×クラスターが挑む「リアルとバーチャルの融合」

近鉄不動産株式会社(大阪府大阪市)とクラスター株式会社(東京都品川区)は、2022119日に「バーチャルあべのハルカス」プロジェクトを公表した。

この「バーチャルあべのハルカス」とは、近鉄不動産が運営する大阪のランドマーク「あべのハルカス」とメタバース空間を融合させる構想。メタバースプラットフォーム「cluster」上に、あべのハルカスを中心としたバーチャルの街が誕生する。

大手不動産企業がメタバース空間に乗り出す新たな取り組みであり、今後の動向が注目される。この記事では記者発表の内容とともに、クラスター株式会社エンタープライズ事業部のプランナー 佐野氏へのインタビューの模様を伝える。

 

ここからは会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録(無料)

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン