メタバース空間は、人間の新たな生活空間になると期待されている。そこでは仕事、ショッピングや音楽ライブを楽しめるなど、もう一つの人間社会が形成される。このメタバース空間で過ごす上で欠かせないものが、ユーザーの分身「アバター」だ。

現実社会において、人間の見た目は一人ひとり異なる。同様にメタバース空間でリアルな体験を追求するならば、個々のアバターにも個性の表現ができなければならない。こうした中、自分好みのアバターを手軽に制作できるアプリを提供する会社がある。株式会社Gugenka(新潟県新潟市)だ。メタバース空間を世に普及させるため、さまざまな施策を行っている。今回は、株式会社Gugenkaが仕掛けるメタバース戦略について、同社の代表取締役CEO 三上 昌史氏に聞いた。

ここからは会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン