Solanaの発表はSOLの高騰を抑えられない。高速レイヤー1の次にくるものとは。

Solanaは、今週末のBreakpointカンファレンスで、数々の大きな発表を行った。しかし、SOLはあまり注目しなかった。

Shutterstock cover by TWStock

ポイント
・Solanaは今週末のBreakpointで多くの大きな発表を行ったが、SOLは連動しなかった。
・Solanaは、継続的な障害やDeFi活動の減少など、暗号の冬に多くの課題に直面してきた。
・Solanaは、克服すべき問題と直面すべき競争を抱えているが、暗号の最も強力で最も有望なエコシステムの1つであることに変わりない。

Solanaは、暗号の冬に苦しんだいくつかのレイヤー1ネットワークのうちの1つである。しかし、晴天が戻ってくるかもしれないと、Chris Williamsは述べている。

SolanaがBreakpointで大成功を収める

レイヤー1ネットワークが2022年版のBreakpointカンファレンスを開催し、Solanaにとって大きな週末となった。SOLはどうだろうか?それほどでもない。

レイヤー1ブロックチェーンの旗艦イベントのためにリスボンに集まった何千人ものSolanaファンは、カンファレンスを通じていくつかの大きな発表を受けた。最も大きな発表は、土曜日、Google CloudがSolanaバリデーターを稼働させ、2023年初頭にBigQuery製品を通じてSolanaデータのインデックス作成を開始することを明らかにしたことだ。Google Cloudはまた、ユーザーがクラウド上で独自のノードを実行できるように、ブロックチェーンノードエンジン経由でSolanaを利用できるようにする予定だ。CoinGeckoのデータによると、SOLは発表があるとすぐに38ドルを超えて2桁上昇したが、その勢いは続かなかった。その後、5.5%冷え込み、今日は34ドル前後で取引されている。

SOL/USD (Source: CoinGecko)

イーサリアムなどの他のブロックチェーンとは異なるアプローチで、Solanaのエコシステムで働く様々なエンジニアは、マスマーケット向けの製品作りに注力している。マスマーケット向け製品の例として、世界初のWeb3対応スマートフォンを目指す同社のSaga phoneがある。SolanaはBreakpointで、この製品を早ければ来月にも開発者向けに出荷することを発表した。

USDC発行元のサークルもBreakpointに登場し、2023年前半にソラナでユーロコインの提供を開始すると発表した。ユーロコインはすでにイーサリアム上で稼働している。Circleはまた、同社の近日発売予定のクロスチェーンプロトコルがSolanaをサポートすることを明らかにした。

GameFiで最も期待されているタイトルであるStar Atlasの開発者は、Breakpointでこのゲームの初期デモを公開した。Solanaの高速処理能力(1秒間に65,000トランザクションを処理するとのこと)は、Web3ゲーム分野の有力候補となり得るが、現在プレイできる有力タイトルがないため、チームの進捗状況やSolanaがニッチ分野のハブとなるかは不明である。ゲームの開発には通常数年かかるため、SolanaのGameFiエコシステムが軌道に乗るまで、しばらく時間がかかるかもしれない。

Solana DeFiの現状

暗号市場の多くと同様に、Solanaは、特にそのDeFiエコシステムにおいて、揺れ動く1年を過ごした。

Solanaは、Breakpointの初回版の頃、2021年11月にSOLが260ドルに近づくにつれ、ロックされた総価値が100億ドルを突破した。

The total value locked in Solana DeFi (Source: Defi Llama)

しかし、Solana DeFiは今年、市場価格の暴落、他のネットワークへの流動性の逃避、エコシステムの2021年の星のいくつかの価値を希釈する残酷なトークンロック解除スケジュールのおかげで打撃を受けている。Defi Llamaのデータによると、今日、ソラナにロックされている価値の合計は約9億6800万ドルで、これはアバランチの13億1000万ドルよりわずかに少なく、イーサリアムの322億9000万ドルのほんの一部に過ぎない。今後、この数字が劇的に変化しなければ、ソラナは他の分野で繁栄する可能性がある。しかし、ロックされた総価値は今年、SOLベースでより安定しており、2022年6月のピークから約54%減の約3130万SOLになったことも注目すべき点だ。

注目すべきは、Solanaは現在、Ethereumレイヤー2ネットワークのArbitrumをロックされた総価値ベースで引き離しており、わずかにOptimismをリードしているに過ぎないことだ。レイヤー2が現在のペースで成長し続ければ、Solanaは流動性のために他のレイヤー1ネットワークと競争しているだけではないことに気付くかもしれない。

Mango MarketsとSolendの両エクスプロイトが可能だったのは、プラットフォーム上の流動性レベルが低いため、クジラが市場を操作して多額の融資を受けることが容易になっていたからだ。Solanaのプロトコルはそのような問題に対する解決策を打ち出しているが、流動性が低い限り、ネットワークのDeFiエコシステムは引き続き問題に直面する可能性がある。

Solana DeFiが停止している間、このネットワークに向けられた最大の批判は、度重なる停止に対するものである。ソラナは過去2年間に何度も数時間に及ぶダウンに見舞われており、特に2021年9月には18時間もダウンしていた。Solanaは2022年に4回の大規模な停止に見舞われており、直近では先月、ノードの設定ミスが原因でダウンが発生した。

ネットワークにとって停電は根強い問題だが、Solana LabsのCEOであるAnatoly Yakovenkoは、近々行われるアップグレードによって、今後このような事故を防ぐことができると述べている。Solanaが約束通り問題を克服できれば、次の暗号市場のブームまでにネットワークはもっと良い状態になるはずだ。

高速・低コストを武器に

Solana DeFiは低迷しているかもしれませんが、ネットワークのNFTエコシステムについては同じことは言えない。

イーサリアムに次ぐ規模のNFTエコシステムを持つソラナは、いわゆる “JPEG愛好家 “のコミュニティを急成長させている。今年、DeGodsやy00tsといったコレクションがNFTシーンを席巻し、不利な市場環境にもかかわらずセカンダリーマーケットで数千ドル単位で取引されている。

DeGod #4833 (Source: DeGods)

Solanaは、デジタルアートの世界からも多くの著名人を引き寄せている。ブレイクポイントでは、MetaplexがBeepleからSolana上で「没入型3D NFT」を発表し、イーサリアムから顕著な脱却を遂げた。NFT分野のもう一つの主要アーティスト、pplpleasrも以前にSolana NFTを発表している。非化石性デジタル収集品に関する主流の注目はイーサリアムに集まっているが、NFT出身者は、その最強の競合ネットワークでアクティビティが成長していることを実感している。SolanaのNFTコミュニティとインフラが弱気市場を通じて大きなペースを得た今、次のNFT強気サイクルは前回のものとは異なるものになるかもしれない。

また、Solanaは、高速・低価格を武器に、GameFiの世界での立ち位置を意識しているようだ。Breakpointでは、一日中、この分野の特集が組まれ、Star Atlasをはじめとするチームが、Web3ゲーマーを目指す満員の参加者に、最新の成果を披露していた。

 

Solanaの将来は?

Solanaは、克服すべき課題を抱えているが、その一方で、ネットワークから多くのポジティブな展開がもたらされることは、明らかである。Breakpointで行われた様々な発表は、才能ある企業、アーティスト、プロジェクトが、困難な状況にもかかわらず、Solanaネットワークに強い関心を寄せていることを証明している。

また、暗号の冬の犠牲者はSolanaとSOLだけではないことを指摘する価値がある。SOLは2021年に高騰し、ピークから約86.9%下落したが、他の多くのレイヤー1ネットワークも同様の損失を被っている。DeFiも全体的に打撃を受けており、中でもイーサリアムが最も強く出ている。歴史的に見ると、イーサリアムの競合他社は「イーサリアムキラー」と呼ばれることもあり、弱気相場で活動が衰え、トークンが死滅するのを見てきたが、ここ数カ月でソラナほど多くの前向きな展開があったものはない。

このネットワークにとって最大のハードルは、おそらく競合にある。Metaの元社員によって開発された新しいレイヤー1ネットワークAptosとSuiは、その高速性ゆえにSolanaと比較されており、両プロジェクトは今年、9桁の軍資金を調達している。Aptosは、プログラミング言語Moveにより毎秒10万件のトランザクションを処理できると主張しており、先月トークンのエアドロップを開始し、その成長への期待が高まっている。Suiも独自のエアドロップを準備中とされる。暗号の世界では資本は無慈悲だ。これらのプロジェクトがうまく市場の注目を集めれば、次の市場の上昇時にSolanaを上回ることになるかもしれない。

「オルタナティブレイヤー1」として知られるようになった他の先駆銘柄たちと同様、Solanaもまもなくレイヤー2ネットワークという形で競争相手を得ることになるだろう。ArbitrumとOptimismの今年の急成長は、Ethereumが成功すればレイヤー2に流動性が殺到することを証明しており、他の多くのレイヤー2プロジェクトはまだ本格的に始動していない。

それでも、ソラナは暗号の中で最も活発で急成長しているエコシステムの1つであり、いくつかの有望な開発が控えている。問題はあるにせよ、このネットワークがすぐに破綻するわけではないことは明らかだ。SOLについては、ユーティリティ・トークンが今日動いていないかもしれないが、これは暗号の弱気相場ではよくあることで、ニュースサイクルがどんなにポジティブに見えても、そうなることはない。しかし、一度強気に転じれば、SOLが利益を得る可能性があると信じるに足る理由があるのだ。

特筆事項:本稿執筆時、筆者はETHおよびその他複数の暗号通貨を保有していた。

本記事は下記出典元の許諾の上、翻訳版記事を掲載しております。

source

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン