MetaMask、トークンのエアドロップを間もなく開始か。準備の方法はこちら

重要なポイント

MetaMaskは分散化の方向に進んでいるようで、それはAirdropが近いことを示唆しているのかもしれない。

MetaMaskを様々な方法で使用し、ConsenSysと連携したプロジェクトと交流することで、Airdropの対象となる可能性が高まるかもしれない。

MetaMask上でトークンを交換すること、ウォレットの新しいブリッジを使うことは、将来的にエアドロップにつながる可能性のある2つの活動です。

MetaMaskトークンの登場?

MetaMaskは最も人気のあるWeb3ウォレットで、アクティブユーザー向けのトークンエアドロップの可能性の噂は何年も前からクリプトスペースで流れています。ConsenSysの創設者兼CEOであるJoe Lubinは、トークンを作成中であることを何度かほのめかしていますが、同社はまだ完全な詳細を共有していません。興味深いことに、ConsenSysは最近、MetaMaskエコシステムの拡大に取り組むConsenSys社外の開発者に資金を付与する社員主導のイニシアチブ、MetaMask Grants DAOを立ち上げました。この動きは、同社がプロジェクトの分散化を目指していることを示唆するものである可能性が高い。

ConsenSysは3月に4億5000万ドルのシリーズD調達を行い、70億ドルの評価額を達成した。これは、ユーザーに高額な資金をエアドロップできる可能性があることを意味しているが、このウォレットはあらゆる種類のクリプトネイティブによって広く使用されているため、エアドロップの資格を得るのは簡単ではないかもしれません。ここでは、MetaMaskのユーザーが、ウォレットのトークンを受け取る機会を最大化するために取ることができるいくつかのステップを紹介します。

1.MetaMaskでトークンをスワップする

MetaMaskのウォレットをお持ちでない方は、まずウォレットを作成する必要があります。ブラウザの拡張機能またはモバイルアプリをダウンロードし、ウォレットを作成し、シードフレーズを安全な場所に保管し、ウォレットにETHを入金して開始します。

MetaMaskでのトークンのスワップは簡単です。メインメニューで、Buy と Send アイコンの隣にある青い Swap ボタンをクリックするだけです。ETHを好きなトークンと交換しますが、取引手数料を支払うために十分なETHをウォレットに残しておくようにしてください。

2.MetaMaskブリッジを使用する

MetaMaskは最近、ユーザーがあるブロックチェーンから別のブロックチェーンに資金を移動できるようにするためのブリッジを開始しました。ウォレットをMetaMaskブリッジに接続し、最初のネットワークとしてイーサリアムを選択し、送信する別のネットワークを選択し(Polygon、Avalanche、BNB Chainから選択可能)、ETH、MATIC、DAI、USDC、USDTトークンのいずれかにブリッジをかけることができます。

繰り返しになりますが、ガス料金を支払うために、第2ネットワークのネイティブトークンを宛先のウォレットにすでに持っていることを確認してください。そうでない場合は、MATICがPolygonのネイティブトークンであるため、EthereumからPolygonにMATICをブリッジすることが簡単な解決策です。

3.Gnosis Safe Walletを作成する

ConsenSysとGnosis Safeは2月にウォレットの安全性を高めるための提携を発表しているので、MetaMaskはGnosisユーザーに報酬を与えるかもしれません。

使い始めるには、Gnosis Safeにアクセスし、ウォレットを接続し、手順に従ってmultisig Safeウォレットを作成します。ネットワークとしてEthereumを選択し、新しいウォレットに名前を付け、ウォレットの「オーナー」として少なくとも2つのアドレスを提供し(新しいMetaMaskアカウントを作成し、すでに使用しているものと一緒にそのアドレスを入力することができます)、小さな取引手数料を支払う必要があります。

4.Gitcoinで寄付をする

ConsenSysは、2021年に独立する前のイーサリアムベースの寄付プラットフォームであるGitcoinの初期を支援しており、Gitcoinと密接な関係にある。そのため、Gitcoinに寄付することで、MetaMaskのエアドロップの対象となる可能性を高めることができる。寄付をするには、GitHubでプロフィールを作成し、Gitcoin Grantsのページに行き、MetaMaskを接続し、気に入ったGrantプロジェクトを選んでカートに入れ、チェックアウトに行き、寄付する金額(と通貨)を選択する必要があります。エアドロップのファーミングを防ぐために、どの資格基準にも最低寄付額の制限がある可能性があるため、最低10ドルを寄付することをお勧めします。

5.Infuraにサインアップする

ConsenSysは、2019年10月にInfuraを買収しました。Infuraは世界有数のブロックチェーン基盤プラットフォームと言われており、MetaMaskを直接サポートしているのも特徴です。Infuraは分散化に向けて動いており、コミュニティメンバーのためにアーリーアクセスプログラムを開始しました。Infuraは特にブロックチェーンインフラの経験者を求めていますが、同社のウェブサイトからフォームに記入して申し込むことができます。また、ConsenSysのDiscordチャンネルで、より多くの参加方法について知ることができます。

最終的な感想

エアドロップ・ハンティングは科学というより芸術であり、運の要素も含まれる。これらのステップをすべて踏んだとしても、ConsenSys が発行した MetaMask トークンを必ず引き当てられるとは限りません。Bored Ape Yacht ClubのAPEトークンプレゼントのように、非常に有利なエアドロップもありました。OptimismのOPトークン配布のようなものは、その厳しい資格基準により物議をかもしました。それでも、この記事に記載されているステップに従うことは、報われる可能性がある限り、時間と労力を費やす価値があります。

本記事は下記出典元の許諾の上、翻訳版記事を掲載しております。

source

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン