アメリカ中間選挙の日、これがクリプト業界にとって何を意味するのか

主なポイント
・今日、米国の中間選挙が行われますが、その結果は暗号にとって非常に重要なものとなる。
・一般的に共和党の勝利はクリプト産業にとって有利と考えられていますが、クリプト愛好家は政党の区別に抵抗する傾向がある。
・中間選挙はまた、Binanceが計画しているFTXの買収によって暗号市場が揺らいだ日でもある。

2022年の決断

今日、アメリカ人は重要な中間選挙のために投票所に足を運んだ。

下院、上院の3分の1、31の州知事の議席、そして無数の州や地域の公職が今日、争われる。この結果は、クリプト規制の方向性や、クリプト市場に影響を与える可能性のあるその他の無数の決定に大きな影響を与える可能性がある。

2022年の中間選挙は、これまでの中間選挙と比較して、米国の政治情勢に多大な影響を与えると予想される。インフレ率の上昇、景気後退の恐怖が常につきまとう中、選挙制度の整合性に対する不安、アイデンティティ政治や重要な社会問題をめぐる深い溝など、激しく分裂した国民が、あらゆるレベルの政府で重要な権力の座を争っている。

クリプトに関する関心

米国のクリプト愛好家は通常伝統的な政党の区別に抵抗しますが、共和党の議会は下院で民主党が支配を続けるよりも業界にとって強気かもしれないというコンセンサスがある(上院は、実際には、フィリバスターの脅威を超えるために常に60%の超党派賛成投票を必要とし、いずれかの政党がその数または議席を破るまで、事実上の膠着状態に閉じ込められることになる)

民主党は、より広く言えば、暗号資産やデジタル資産に公的に批判的な傾向がある。上院議員で2020年の大統領候補であるエリザベス・ウォーレン(民主党)は、党内で最も悪名高いクリプト批判者の一人で、2021年にこの技術を「蛇の油」に例えたことがある。おそらく、暗号資産に対する嫌悪感がウォーレンを上回る民主党の議員は、ブラッド・シャーマン下院議員(民主党、カリフォルニア州)だけだろう。彼はかつて暗号通貨の全面禁止を要求していた。

とはいえ、民主党議員の中にもクリプトに関する規制を有利に進めることを支持し、共和党のクリプト擁護者と協力する努力を行っている者もいる。その中でも最も注目すべきは、上院議員のシンシア・ルミス(R-WY)とカーステン・ギリブランド(D-NY)が提出した超党派の法案。

市場の動きを予測

市場は歴史的に、中間選挙をきっかけに上昇してきた。Capital Group、RIMES、Standard and Poor’sがまとめたデータによると、1931年以降、選挙の年の9月から12月の間にS&P500は平均6%の上昇を記録している。

しかし、今年は違うかもしれない。市場は不確実性を嫌うものであり、投票が近づくとソーシャルメディア上で混乱や偽情報が広まると予想される理由は十分にある。さらに、かつてないほど多くの選挙否定論者が各政党から立候補しており、自分が当選しなければ結果を受け入れないとまで言い出す者もいる。

したがって、次の議会を誰が支配するかについて、今後数日間、混乱と不和が起きても不思議ではなく、暗号を含む市場はそれにうまく反応しない可能性が高い。

とはいえ、共和党が明確に勝利すれば、少なくとも短期的にはクリプト産業にとってよりポジティブになる可能性があると広く考えられている。パット・トゥーミー(共和党)やルミスといった共和党の有力上院議員は、ビットコインのサポートに強い関心を示しており、民主党にもビットコイン支持の上院議員がいますが、最近では共和党の方がよりクリプトに優しい政党として認識されている。

さらに、多くのクリプト愛好家は、バイデン政権が過去1年間、クリプト市場に負の力を与えてきたと主張している。バイデン大統領は3月に「デジタル資産の責任ある開発の確保」に関する大統領令に署名し、業界の監督強化を求めた。ホワイトハウスは9月に初のクリプト規制の枠組み報告書を発表。バイデン大統領の在任中、財務省によるトルネードキャッシュへの制裁、CFTCによるOoki DAOへの訴訟、SECによるトークンの証券化宣言への意欲の高まりなど、それまで自由奔放だった業界に対して厳しい規制措置が数多く取られた。

バイデン政権下では、COVID-19のパンデミック時に連邦準備制度が量的緩和の最悪の影響に対抗するために苦闘しているため、インフレが急増している。緊急支出による経済への過剰な現金注入が主な原因であり、FRBが今年、積極的に金利を引き上げることに拍車をかけているというのが広く主張されている。

しかし、その結果、市場規模は必然的に縮小し、それ自体が問題を引き起こしている。マクロ経済が依然として弱く、景気後退の可能性があるため、多くの投資家は政権交代による市場の好転に期待を寄せている。

注目すべき点

2022年の選挙日は、他の理由でもクリプトの歴史に名を残すことになるかもしれない。

流動性の問題で何日も憶測が飛び交った後、FTX.comがBinanceに買収されるというニュースによって、今日の市場全体が揺らいだ。FTXのネイティブトークンであるFTTは崩壊し、現在未知数の伝染が市場に忍び込んでいるように見える。ビットコインは今日、年初来安値を更新し、一時17,579ドルにタッチした。イーサリアムも苦戦し、1,329ドルまで14%下落した。

したがって、今後24時間の間に何が起こっても、奇跡的に市場が好転する可能性は低いと思われる。しかし、次の議会が業界の長期的な未来を決定する上で重要であり、いくつかの非常に異なる方向のいずれかに進む可能性があるという事実は変わりない。

本記事は下記出典元の許諾の上、翻訳版記事を掲載しております。

source

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン