暗号クジラ「アラメダ・リサーチ」は経営危機に陥っているのか?

暗号取引会社のAlameda Researchは、6月に資産の大半が流動性の低いトークンに滞留していると報じられた。

Photo: Lam Yik/Bloomberg

ポイント

・Sam Bankman-Friedが共同設立した定量取引会社Alameda Researchは、昨年6月に資産146億ドル、負債74億ドルと報告された。
・しかし、この数字をよく見てみると、同社の資産のほとんどは流動性の低いSolanaベースのトークンで構成されていることがわかる。
・Alamedaの財務状況は、夏の間に暗号市場全体に拡大することを阻止すべくBankman-Friedが踏み切った理由の1つであったかもしれない。

新しいレポートによると、Alameda Researchの貸借対照表の大部分は、昨年の夏、流動性の低いFTTとSOLトークンで構成されていた。この事態は、同社が必要な場合の債務返済能力に疑問を呈する。

アラメダ社の貸借対照表を分析

同社の財務状況を掘り下げる新しいレポートによると、Alameda Researchでさえ、暗号弱気市場によって打撃を受けている。

匿名のソースによる水曜日のCoinDeskのレポートは、定量取引会社が、74億ドルの負債に対して、6月30日に146億ドル以上の資産を保有していたことを報告した。Alamedaは、大成功した暗号通貨取引所、FTXを立ち上げる2年前の2017年に暗号億万長者のSam Bankman-Friedによって共同設立された。

Alamedaは暗号における最大のクジラの1つとして知られていますが、CoinDeskの記事で引用された数字をよく見ると、同社は野次馬が予想したよりもはるかに不安定な状況にある可能性があることが示唆される。

レポートによると、6月30日時点で同社が保有していた146億ドルの内訳は、アンロックFTTが36億6000万ドル、FTT担保が21億6000万ドル、株式が20億ドル、「保有暗号」が33億7000万ドル、現金が1億3400万ドルとなっている。これは113億2,000万ドルに相当し、32億8,000万ドルが使途不明となっている。 

一方、Alamedaのローンは74億ドルで、これにはロックされたFTTの2億9200万ドルとロックされたSOLの8億6300万ドルが含まれている。興味深いことに、CoinDeskは、Alamedaがこれら2つの負債を、トークンがロックされていることを理由に、公正市場価格より50%低く評価したと主張。これらを公正な市場価格で扱うと、Alamedaの負債に11億ドル以上が追加されることになる。

つまり、現在アラメダは61億1000万ドル以上のFTTを保有しており、そのうち58億2000万ドルを資産としてカウントしていることになる。FTTはFTXが発売したコインで、トレーダーが出資することで取引手数料の割引(3%から60%)を解除することができる。FTTは暗号エコシステムの中でも最大級のコインですが、FTXの公式サイトによると、現在流通しているFTTは197,091,309枚で、このコインの時価総額は48億7000万ドルとなっています。つまり、現在のFTT市場は、アラメダに関する限り、まったく流動性がないのである。58億2000万ドル相当のトークンを保有しているが、価値を下げずに売却することはできないのだ。

また、同社の貸借対照表を取り巻く懸念材料は他にもある。レポートによると、アラメダは33億7000万ドルの暗号資産の中に、SOL、SRM、FIDA、MAPS、OXYといったソラナベースのトークンをカウントしています。これらは貸借対照表で名前が挙げられているトークンであるため、アラメダの最大の保有資産を構成していると考えるのが妥当だろう。同社が保有する各トークンの正確な金額は不明だが、そのほとんどは弱気市場を通じて悲惨なパフォーマンスを記録している。SRM、FIDA、MAPS、OXYはいずれもピーク時から93%以上下落しており、市場の流動性が非常に低下していることが伺える。これらのトークンがAlamedaの複合暗号保有物の代表であるとすれば、同社は33億7000万ドルの暗号資産を現金化しようと思っても、なかなかできないだろう。

クリプト・ブリーフィングの見解

この分析には、いくつかの注意点がある。第一に、Crypto BriefingはAlamedaの貸借対照表にアクセスできなかった-これらの数字はCoinDeskの報告に依拠する。第二に、これらの数字が仮に6月末の時点で正しかったとしても、アラメダには保有資産を変更するための4カ月間があったということだ。最後に、アラメダの財務諸表には、同社の立場をより良くする未知の情報が含まれている可能性があることだ。

とはいえ、これらの数字を額面通りに受け取ると、アラメダは厳しい状況にあるようだ。負債が74億ドルもあるのに、それを返済するだけの資産がないことは、この数字から明らかなようである。

もちろん、状況はもっと複雑だと思われる。バンクマン=フリード氏は少し前にアラメダ社のCEOを退いたが、同社はFTXと緊密な関係にある。FTXが今年に入ってから救済策を講じていることを考えれば、必要であれば取引所がアラメダ社を支援することは想像に難くない。

しかし、今回の経営難は、この夏のバンクマン-フリード氏の軽率な態度を改めて浮き彫りにするものだった。5月から6月にかけて、残酷な市場環境が暗号ヘッジファンドThree Arrows Capitalを一掃し、同社はVoyagerやBlockFiなど複数の主要暗号金融機関に数十億ドルの債務を負っていた。バンクマン-フリード氏は、投資家の市場に対する信頼を再確認する必要があるとして、苦境にある企業を救済することをすぐに申し出た。その行動により、バンクマン-フリード氏は暗号の最後の貸し手という評判を得た。彼は7月に、さらなる拡大を防ぐために20億ドル以上を用意したとさえ宣言している。

しかし、この報告された貸借対照表は、異なることを示すかもしれない。もしAlamedaが市場の暴落に伴い流動性の低いトークンで身動きが取れなくなった場合、バンクマン-フリード氏は暗号市場自体のためではなく、単にAlamedaを救うために立ち上がることを決意した可能性があるということだ。この場合、市場を安定させ、パニックを抑え、強さを示すことで、アラメダの債権者を安心させ、同社に借入金の返済を求めないための戦略であった可能性があるのである。

特筆事項:執筆時、この記事の著者はBTC、ETH、その他いくつかの暗号資産を所有していました。

本記事は下記出典元の許諾の上、翻訳版記事を掲載しております。

source

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン