非中央集権のブロックチェーンが“刺さる”用途とは? NTTテクノクロスの現実解

ntt_tx

ブロックチェーン技術の実用化は現在、デジタルデータに資産価値を持たせる暗号資産やNFTの分野が先行している。
非中央集権的にデータを分散管理できるブロックチェーンの潜在能力は決してそれだけにとどまらないものの、いざ社会実装となると実績豊富な既存技術を置き換えるに至らないという、ある種の「イノベーションのジレンマ」に直面する例も少なくないようだ。

ただ一方では、ブロックチェーンが実社会に“刺さる”用途が、徐々に明らかになりつつあるとの声もある。
このうち、NTTの研究所が有する知見と社外の広範な技術・サービスを掛け合わせた価値提供をミッションとし、ブロックチェーン関連の開発実績も多数重ねてきたNTTテクノクロス株式会社(東京都港区)の担当者に見解を聞いた。

 

ここからは会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録(無料)

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン