レコチョクが挑戦するWeb3.0の未来と可能性について

2021年、NFTは急激なトレンドとなり世界中を席巻した。NFTはデジタル作品に唯一無二の価値を証明するブロックチェーン技術。

音楽の世界は長年にわたり、デジタル化が進むほどに課題を抱えていた。偽造やコピーによってアーティストの権利が侵害されたり、ファンが本物の価値を所有する体験が阻害されたりしていたからだ。

NFTはデジタル作品の価値を守り、新しいビジネスを生み出すきっかけになる。同時に、資産として所有できるNFTは、ファンにとって新しい体験への入り口にもなっていく。

そんなWeb3.0の未来に挑戦する企業がレコチョクだ。レコチョクには、20年以上にわたるレコード会社とのリレーションや多種多様な音楽配信サービスを展開してきた実績がある。そのレコチョクがWeb3.0の未来を切り開こうとしている。

NFTで音楽業界はどう変わるのか?アーティストとファンにどんな価値が提供できるのか?

レコチョクWeb3.0プロジェクトを推進する二人のキーマンに、NFT×音楽の未来について聞いてみた。そこでわかったことは、レコチョクが提供するNFTも販売可能なECプラットフォーム「murket(ミューケット)」の圧倒的な優位性やメリットだった。

ここからは会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン