カルビーがWeb3.0で提供する顧客体験とは?食の未来をつくりだす絶え間ない挑戦

カルビーといえば、誰もが知っている人気の食品メーカー。国内スナック菓子市場で圧倒的な人気を誇り、数々のヒット商品を生み出し続けている。

近年は積極的な海外展開を行い、連結売上高2,454億円。「ポテトチップス」「じゃがりこ」などの主原料となるばれいしょに関する専門力を高め、時代の変化を捉えた商品企画・開発力と自然素材を活かす加工技術で、おいしさと楽しさを創造するリーディングカンパニーだ。

そんなカルビーがWeb3.0を活用し、顧客体験(CX)を高める取り組みを始めている。スナック菓子とWeb3.0がどのように融合し、どんな価値を提供できるのか?

カルビー株式会社でマーケティング本部CXデザインチーム マネジャーを務める関口洋一氏に、カルビーの新たな挑戦と今後の展望について聞いた。

ここからは会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン