ステーブルコイン「JPYC」が狙う 現金とブロックチェーンの“いいとこ取り”

2兆円相当を超える資産を預かっていた暗号資産取引所FTXの破綻が世界的なニュースとなる一方、現金に続く「デジタル円」の発行を視野に日本銀行が金融機関との実証実験を近く始めるなど、ブロックチェーン技術の普及を受けた「お金」のあり方は今、激変の時代を迎えている。そうした中で金融技術としてのブロックチェーンが秘めた可能性を、まず既存の手堅いスキームから開花させようとしているのが、日本円に連動するステーブルコイン「JPYC」を2021年から発行しているJPYC株式会社だ。JPYCの独自性や強み、目指すところなどを、同社社長の岡部典孝氏に聞いた。

 

ここからは会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録(無料)

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン