財産権を全人類の手に!共同創業者・藤本真衣が「INTMAX」に懸ける想いとは

ブロックチェーンは革新的な金融システムとして注目を集めたものの、我々の日常生活にはまだそれほど浸透していないのが現状だ。なぜなら処理速度の遅さやガス代(手数料)の高さが足かせとなっており、現段階では実用性が低いからだ。特にビットコインやイーサリアムでは利用者数、利用量の増大に処理能力が追いつかず、トランザクションが逼迫している。

そのためブロックチェーンを真の金融インフラに昇華させるには、スケーラビリティ(拡張性)の改善が欠かせない。このスケーラビリティ向上の手段として有効なのが、レイヤー2のネットワークである。レイヤー2は次世代のインフラとして注目を集めており、開発競争も激化している。

こうした中、イーサリアムのレイヤー2開発に向けて立ち上がった二人の日本人がいる。藤本真衣氏と日置玲於奈氏だ。二人はスイスで「INTMAX(イントマックス)」というEthereumのLayer2プロジェクトを立ち上げ、日夜INTMAXの普及に向けて取り組んでいる。このINTMAXは、高いポテンシャルを持つとして大いに注目されているのだ。実際にイーサリアム財団から構想を認められ、助成金が交付されている。この他にも「CV VC Top 50 Report」という報告書において、強豪がひしめくスイスのWeb3企業1,135社の内で上位50社に選出された。このようにINTMAXは、ブロックチェーン業界からの注目を集めるイーサリアムのレイヤー2を開発する企業だ。

このINTMAXでCo-Founderとして事業戦略を統括するのが、藤本真衣氏である。藤本真衣氏はビットコインの黎明期からブロックチェーンに携わり、「MissBitcoin(ミスビットコイン)」の愛称でいち早く啓蒙活動に取り組んできた。Web3イベントの開催やブロックチェーン専門の求人サイト創設など、業界の先導役としての経歴を持つ。しかし一体、なぜ藤本真衣氏が次なる取り組みとしてイーサリアムのレイヤー2である「INTMAX」へ専念することになったのか。

今回は、同社のCo-Founder 藤本真衣氏へINTMAXに参画した経緯を中心として、以下の項目について聞いた。

  • レイヤー2の開発に取り組む意義
  • 現在のWeb3を取り巻く市場環境
  • ブロックチェーンに挑戦する上でのアドバイス

藤本真衣氏の歩みや今後の展望から、Web3の潮流を理解する上での重要なヒントを得られるであろう。

 

ここからは無料会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録(無料)

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン