「NFT×地方創生」ふるさと納税から始まる地域活性化とは?あるやうむの取り組みと事例紹介

日本は2008年をピークに人口減少社会へと突入した。日本全体の生産性を向上させない限り、日本は衰退の一途を辿っていく。特に人口減少スピードの早い地方においては、その影響は大きく、地方創生は喫緊の課題となっている。その地方創生の起爆剤として期待されているのがNFTだ。

ふるさと納税とNFTは相性が良い。その地方独自のNFTをふるさと納税の返礼品として活用することによって、地方とNFTの保有者の継続的なコミュニケーションを維持することができる。そして、そのコミュニケーションをキッカケに発行元の土地に実際に観光に訪れることを促進するなど関係者人口を増大させたりすることに貢献できるからだ。

そんな「NFT×地方創生」を実現するために挑戦するベンチャー企業がある。それが株式会社あるやうむだ。彼らが「NFT×地方創生」で何を実現し、未来をどう変えようとしているのか?

あるやうむで営業責任者・広報室長を務める稲荷田和也氏に「NFT×地方創生」の現状と今後について聞いた。

ここからは会員限定の記事です

無料会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

  • オリジナル記事が読み放題
  • 参加者限定イベントへのご招待
  • ニュースレターの配信

ログイン

Googleでログイン Facebookでログイン Twitterでログイン
または
パスワードをお忘れの方はこちら

アカウントをお持ちでない方は新規登録

新規登録

Googleで新規登録 Facebookで新規登録 Twitterで新規登録
または

すでにアカウントをお持ちの方はログイン